ガソリンカードとプリペイドカードはどちらがお得?

ガソリン代を割引価格で買えるガソリンカードとガソリンプリペイドカードは一体どちらの方がお得なのでしょうか?

ガソリンカードはクレジットカードの一種で、プリペイドは前払いのカードです。

その名の通り、前もってお金を払っているので、現金がなくても心配なく手間を省くこともできます。

ただ、プリペイドカードは使用できるガソリンスタンドが限られています。

カードを発行している会社の系列のガソリンスタンドでしか使用することができません。

石油元売会社は顧客を囲い込めるというメリットがありますが、ユーザーにとってはちょっと不便ですね。

さて、もっとも重要な還元率についてはどうでしょうか。

プリペイドカードはカードの購入金額によってお得になる金額が増していく仕組みになっています。

例えば5000円のプリペイドカードを買ったら5100円分のガソリンが、20000円分のカードを買えば20400円分のガソリンが買えるといった具合です。

5000円程度だとあまり還元は期待できません。
20000円以上のプリペイドだと、1Lあたり3円くらいのキャッシュバックがあります。

ちなみにガソリンカードで支払う場合は、1Lあたり会員価格で2円ほど一般価格より安くなります。

さらにクレジットで引き落とされる際に2円割り引かれる、あるいはそれに相当する額のポイントが付与されます。

ですので、ガソリンカードを使えば計4円割り引かれることになります。

これと同じ位の還元率を得るには10000円、20000円のプリペイドカードを買うことが必要になります。

また、プリペイドカードについては、普及がなかなか進んでいないというデメリットもあります。

その原因の1つとしては、偽造カードの問題があります。

どんどん手口が巧妙になり、セルフスタンドが増加していることも手伝って、偽造カードが使用されることが増加してきました。

その為に、プリペイドカードの扱いをやめてしまったガソリンスタンドもあるほどです。

このようなことを考えると、ガソリンカードの方が利便性やお得感において軍配が上がるといえますね。